最新ガジェット情報

お買い得な中華製スマホ・RCトイ・PCタブレット・スマートホーム関連などをお探しなら、まず最新ガジェット情報へようこそ!高質低価でコスパ最強なグッズをご紹介させていただきます。さっそくクリック!

最新ガジェット情報

パワフルな上品腕時計型スマホ――激安LEMFO LEM5 PROスマートウォッチのレビュー

  2年ほど前に、スマートウォッチが市場に回り始まった。その時は基本的な機能だけを搭載して、アップルの「Apple Watch」とGoogleの腕時計端末向けOS「Android Wear」を搭載したスマートウォッチで、消費者にとって、選択肢はあんまり多くない。
現在では、時計メーカーも含め多くのメーカーがスマートウォッチを発売してきた、種類も機能もますます多くになって、市場はだいぶ盛り上がりました。
  今回ご紹介になったのは中華製メーカーの一つLEMFOからのLEM5 PROです。その魅力とスペックを一緒にチェックしてみましょう。



スペック



魅力点

  • OLED大画面、マルチタッチ対応

  LEMFO LEM5 PROは1.39インチ丸型大画面を搭載、マルチタッチ対応で、メールの確認は便利です。


  • 高質SoCと大容量ストレージのおかげで、アプリのダウンロードはご自由に

  LEM5 PROはMediaTek からのMTK6580 CPUを搭載、2GB RAM/16GB ROMを配置して、それにGoogle Store対応で、好きなアプリをご自由にダウンロードしてもいい。


  • 日常には十分な配置

  iOS8.0またはAndroid 5.0以上のスマホなとと接続対応できるので、スマホ側のお知らせとか電話が入ったことを振動・音声で通知することができ、nano SIMカードを入れると、単体で通信することも対応。IP55の生活防水機能で、水泳などは対応不可ですけど、雨や手を洗う時の水しぶきぐらいなら、心配不要。日本語も対応(メーカーと確認済み)し、英語苦手でも遠慮なくていい。


  • なかなか魅了的なボーナス機能

  日常生活だけでなく、心拍計とGPS機能も対応し戸外活動にもなかなか便利。音楽を時計にストールしてBluetoothでワイヤレスヘッドセットとつながると、重いのスマホなし運動の快適さも倍増。



イマイチ

  • カメラなし
  • 対応周波数はB1だけで、DOCOMOとSoftbankだけ一致する。ご注意にしてください。



購入法
  海外通販サイトbanggood.comを経由して、のみ$118.99で買える。約13593円で、アマゾンと比べれば半分以上安くなり、お買い得感いっぱい。送料無料で、余計なコストもご心配なく。気に入るなら、さっそくチェックしてみましょう。








DJIの新作トイドローン「Tello」が予約受付開始!200g以下で航空法対象外!

  中国のドローンメーカー最大手DJIが200g以下で$99台のトイドローンTelloを発売させた。厳密的には、中国のRyze Tech社がDJIとIntelの技術基盤を活用して、米ラスベガスで、現地時間の1月9日から開催される「CES 2018」に合わせて、Telloを発表された。
  約半年ほど前に、DJIから航空法対象外の小型ドローンを発売されると噂れていたが300gのSparkが発売されたとがっかりした人は多数で、今回はいよいよ登場になった。では今回発売されたDJI Telloをご紹介していきます。
         
Video from Ryze Tech――Say Hello to Tello


スペック


  いつも高質で高価なドローンを販売し続けているDJIは今回、子供とドローン初心者に向け、軽量のトイドローンを発売された。
  スペックでは、Telloのサイズが98*92.5*41mm、3インチのプロペラと取り出し可能なバッテリーを含めた重量は約80gで、改正航空法の規制対象(200g以上)外となる。最大飛行距離は100m、最大飛行時間は13分で、最高速度は秒速8m。室内の飛行なら十分です。


  操作方式では、スマホのアプリを利用して、無線LAN経由で操作が可能。専用アプリを使って、ワンタッチフライト機能も搭載。手の上から空に投げさすと自動で起動、360°ぐるりと回転しながら撮影したり、フリップさせたり、衝突検知システムのおかげで、障害物コースを通過することなど、いろんな遊び方がある。


  Intel 14コアのMovidius Myriad 2 VPUを搭載、五つのセンサーからリアルタイムデータを受信する。またDJIの飛行安定技術も採用して、スマホとの接続を途切れるまた電量が不足になると、安全的に自動で着陸する。また専門なドローンコントローラとVRヘッドセットを接続することもサポート。子供やドローン初心者でも快適な飛行を楽しめる。


  720P/30fpsで撮影できるデジタルカメラを搭載しており、500万画素の撮影も可能。ジンバルなしなので、電子手ブレ補正が対応、効果は未知数。それにすごく便利なのは、撮影データはドローン本体ではなく、直接的にスマホ側で保存する。


  コーディングシステムのScratchでプログラムも可能で、事前にパソコンでプログラムを組むことで自由に飛ばせることができ、多様なパフォーマンスにも使えるので、初心者だけでなく、すべてのドローン愛好者にもわくわくになる機能だと思う。


  この軽量小型トイドローンTelloは今、DJI Storeで仮予約受付が始まった。リンクと詳しいスペックのリンクはコチラ。税込で12800円で買える。それに、海外通販サイトにも仮予約が開始で、気に入るなら、さっそくチェックしてみましょう。


DIBEA C17コードレスサイクロン式掃除機のレビュー――汎用性・軽量・静音性・コスパ…メリットばっかり

  昨日にはPUPPYOOからの最新製品PUPPYOO WP511自立式2 in 1スティック掃除機のレビューを更新しました。今日の主人公は、また一つアマゾンに「高コスパ」「大吸引力で軽量」「使い易い」と客を好評され、中華掃除機メーカーのDIBEA が昨年に発売の
DIBEA C17コードレススティック掃除機だ。


スペック(PUPPYOO WP511と対照して)


良かった

  • コードレスで便利

  PUPPYOO WP511と同じく2200mAh内蔵バッテリーを採用して、メーカーの測定によって、4時間をかかるとフル充電で通常モード下には45分連続使用可能です。コードレスで邪魔にならずにどこでも手軽に掃除できます。


  • サイクロン式で、最大7000Paパワフルな吸引力

  遠心分離サイクロン式、最高真空度7000Paで強力吸引が続け衰えず、高密度HEPAフィルターで、塵気を分離して、細かいゴミまでしっかりと吸い込みます。


  • 軽くて静かに

  のみ2.3㎏の重さで、吸引管とアタッチと、屋上や窓頂上の埃の掃除も、本棚や棚、カーテンの掃除も簡単。


  • 多様なアタッチメントを同梱、汎用性高い

  機体は軽くて小さい、スティックと分離して、多様なフラット口またブラシを簡単に入れ替えたらハンディ式掃除機に変身。多種な清潔ニーズを満たすことができ、一機多用。


  • 底開き式ゴミ箱、手を汚れなく

  ワンクリックでゴミ処理が完了、手に汚れされるのを遠慮不要。ゴミ箱は丸ごと水洗いできるから、お手入れ簡単で清潔に保つことができます。


  • 壁固定ロッド式で、収納も充電も便利

  収納また充電用の壁固定ロッドを附属、収納と同時に充電ができ、充電保護機能も対応。部屋の隅におけるから邪魔にならず、使いたい時にすぐに取り出せます。


イマイチ
  16000円ぐらいの価格を考えれば、残念なところはほぼないけど…集塵箱は0.35Lでちょっと小さすぎだと、これは一つ。


まとめ
  昨日ご紹介したPUPPYOO WP511と比べて、同じ吸引力・電池容量で、連続作業時間が長くて、より軽くて静かで、ゴミ箱のデザインも便利です。アタッチメントとして、多様な接続ブラシを同梱する点も魅力ポイント。それに価格は$40の差があって、予算はあんまり多くて、汎用性を望んでいる人なら、ぜひどうぞ。それに対して、家が大きくて家具も多い人にとって、掃除中によく家具を移動が必要があり、自立式掃除機なら大変便利だと思う。


購入法
  Banggood.comを経由して、$139.99で買える。コードレス掃除機を検討しているなら、さっそくチェックしましょう。
  現時点なら、もっと$20を下がり、のみ$119.99で買えます!海外通販サイトで価格の変化が激しいから、さっそくどうぞ!



わずか2万円で買える自立式2 in 1スティック掃除機――PUPPYOO WP511掃除機のレビュー

  毎日家事に忙しなければならない主婦にとっては、便利で使い易い道具が一番重要だと言ってもいい。この点には、家用掃除機のメーカーもデザインと機能から製品の汎用性と便利さをますます改良してきた。
  今回ご紹介になるのは、もう布団クリーナーで日本にちょっと名が売っている中華メーカーPUPPYOOからの最新製品PUPPYOO WP511自立式2 in 1スティック掃除機です。


スペック


良かった

  • コードレスで便利

  2200mAh内蔵バッテリーを採用して、5時間をかかるとフル充電で通常モード下には30分連続使用可能です。コードレスで邪魔にならずにどこでも手軽に掃除できます。


  • 2 in 1デザインで、いろんな場所にも大活躍

  ハンドル部が本体から簡単に取り出し可能で、スティックタイプ、ハンディタイプの使い分けがすごく簡単。


  • 最大7000Paでパワフルな吸引力

  二重電機を採用して、それに短いエア通路デザインのおかげで、フィルターが目詰まりせず、最高真空度7000Paで強力吸引が続け衰えず、細かいゴミまでしっかりと吸い込みます。家掃除が楽になる。


  • 人体工学デザインとLEDヘッドライト付き

  人体工学に基づいたデザインで、手首の負担を軽減します。LEDヘッドライト付き、暗いコーナー、ソファの底も簡単に清掃することができます。


  • 自立式でいつでも「そこで」待機可能

  掃除中に椅子やモノをちょっと移動したい時、本体を立てたまま置いておけることができ、掃除がとてもスムーズです。


イマイチ

  • 本体重量は2.8kgとやや重めです…が、重心が低いのとヘッドブラシの推進力で、軽く前に押すだけ快適に掃除できます。
  • 本体の厚みがあるため、ヘッドの下など高さの空間の掃除では苦手です。
  • 同梱のアタッチメントがなしくて、汎用性が低い。


まとめ
  スペックから見ると、どう考えても4万円以上のスティック掃除機だろうと思いましたが、実際に海外通販サイトを経由して約2万円で買える。驚くべきなコスパと言ってもいい。やや不足な点があっても、同じくレベル製品の半分の価格だと考えれば納得できます。初めてコードレス掃除機を試したい人にはぜひどうぞ!


購入法
  Banggood.comを経由して、のみ$179.99(約20897円)で買える。それに、PUPPYOOは1月23日に初めてバングッドのブランドデイに上陸する予定です。クーポンと限定セールもご用意しているはずで、チェックすることをお忘れずに。


12000mAhバッテリー搭載、電池持ちの王――Doogee BL12000 Proのスペックチェック

  前には、Doogee BL5000のレビューにその「Be Long Time, Belong To You」と電池持ち機能を誇っているDoogeeのBLシリーズを簡単に紹介させた。昨年年末に、Doogeeはこのシリーズの最新型BL12000/BL12000 Proを公式的に発売させた。今日は名字通り12000mAhバッテリーを搭載たDoogee BL12000 Proのスペックを一緒にチェックしましょう。


スペック


良かった

  • 超大容量バッテリーを搭載、電池持ちが長い

  Doogee BL12000 Proは名前通り12000mAhバッテリーを搭載して、メーカー測定では42日の待機時間ができ、電池持ちに関しては、心配しなくでもいい。


  • 流行り18:9 FHDディスプレイ

  BL12000 Proは流行りの18:9 FHDディスプレイを採用して、洗練なデザインと組み合わせて、上品感たっぷり。


  • 高質CPU/GPUを搭載、高コスパで高性能

  SoCには、MediaTekのHelio P23 CPUを搭載し、GPUはハイレベルのMali G71 MPを配置、普段の使用にスムーズに応じることはもちろん、高画質ゲームにも快速動作できる。


  • 大容量ROM/RAMを配置

  6GB RAM/64GB ROMの組合せでは、日常使用に十分なスペックで、空間食う写真や映画を気軽にダウンロードしても構わない。上レベルとして6GB RAM/128GB ROMも用意して、ご用に合わせって選べればいい。


  • デュアルリアカメラ+広角フロントカメラ

  16万画素のフロントカメラは130°広角レンズで、団体写真にも困ることなくなり、デュアルレンズのリアカメラもより良い撮影体験を捧げます


イマイチ

  • NFC機能なし
  • 300gの重さでちょっと不便
  • 12V3Aの快速充電が対応しても、フル充電なら4時間もかかる


購入法
  まだ購入リンクがないだが、banggood.comを参考すれば、のみ$309.99(約35873円)で買える、まだ「On Alert」ボタンだけで、押すと在庫した次第すぐ知らせが届きます。気に入るなら、さっそくチェックしてみましょう。