最新ガジェット情報

お買い得な中華製スマホ・RCトイ・PCタブレット・スマートホーム関連などをお探しなら、まず最新ガジェット情報へようこそ!高質低価でコスパ最強なグッズをご紹介させていただきます。さっそくクリック!

最新ガジェット情報

Xiaomi Mi MIX 2Sが公式発表!Snapdragon 845搭載・8GB+256GB・AIデュアルカメラ・Qi充電、超高コスパの「万能神器」!

  昨日の3月27日、Xiaomi科技が中国上海で最新フラッグシップ機として、Xiaomi Mi MIX 2Sが公式発表しました。Xiaomi MIX 2の後継機として、やはり関心が高く、そのスペックや画像などのリークもたくさん出てきていますが、今回はいよいよ!
  
  Xiaomi Mi MIX 2Sは、5.99インチFHD+ディスプレイを採用して、最新のハイスペックCPU Snapdragon 845 2.8GHz オクタコアを搭載、6GB+64GB/6GB+128GB/8GB+256GBのメモリ+ストーレジ容量となった三種のバージョンが用意され、12MP+12MP高画素デュアルカメラ搭載のミドルハイスペックスマホです。前代のXiaomi MIX 2と比べて、大幅な進化を果たしています。



スペック



特徴

  • 大進化したカメラ機能

  一番大きく変わったのはカメラでしょう。Mi Mixシリーズの最大の弱点と言ってもいいカメラがついにトレントなデュアルカメラレンズ化されて、ポートレートモードで背景ボケ気味の写真はもちろん、メインカメラは12MP+12MPの超高スペックで、ソニー製のIMX363センサー搭載、F値は1.8、光不足な場合にもきれいな写真が撮れます。さらに4軸光学手振れ補正、AI機能搭載で風景や植物、人や動物などを見極めて、最適な設定で写真を撮ってくれます。
  有名な写真機能の品質ベンチマークであるDxOMARKでは写真項目に「101」というスコアをたたき出して、最終的の総合スコアではApple iPhone X またHuawei Mate 10 Proと同じの「97」となった。かなり認められた品質だと判断します。


  • 主流と違って、一貫となるデザイン言語

  ベぜルレスがトレントとなった以来、スマホメーカーはホンモノの「全面ディスプレイ」に力を入れた。Apple iPhone Xが発表してから、「ノッチ付き」デザインのスマホが増えて、だんだん主流となった。だけど、Xiaomi Mi MIX 2Sはその主流を従ってなかった。三方狭額縁ベゼルスマホのMi Mixシリーズの一貫となるデザイン言語を守って、フロントカメラを右下角に設置され、方正なディスプレイとなった。


  • CPUもメモリ+ストレージ構成もハイエンド

  SoC(CPU)は最新のSnapdragon845を搭載、メモリとストレージ構成は6GB+64GB/6GB+128GB/8GB RAM+256GB三種で、公式公開したAnTuTuベンチマークでは27万点超えと超ハイスペックです。


  • Qiワイヤレス充電対応

  7.5WのQiワイヤレス充電対応、一般的な高速充電より遅いだけど、ワイヤレスでやはりより便利になった。ちなみに、iPhone X向けの高速充電器がなかなkの高価格となる中、Xiaomiのワイヤレス充電器はわずか99元(約1700円)、同じQiワイヤレス充電で、iPhone Xでも充電可能。



まとめ
  スペック・コスパ・使用体験・外観、どの角度から見てもほぼ死角なしと言ってもいいこの最新のフラッグシップ端末。Xiaomi Mi MIX 2Sは前代の基に、デザイン言語を一貫して、よりよいカメラ、ハードコアまた使用体験を遂げた。その中にはもっとも重要なのは、中国の発売価格は前代のXiaomi Mi MIX 2と同じ、3299元となった(6GB+64GB版)。最上位モデルも3999元で、ほぼApple iPhone Xの半分。現在中国では公式サイトに予約中、4月3日に発売となる。コスパ良い高性能端末を購入することを考える型には、ぜひ、Xiaomi Mi MIX 2Sを検討することをおすすめます。



購入法
  中国向けの端末で、海外ECサイトを経由して買えます。現時点ではBanggood.comでできた購入ページにより、6GB+64GB/6GB+128GB/8GB+256GBの価格は$669.99、$709.99また$809.99となり、ご参考してください。お買い得のセールとクーポンコードがあればまた更新します。


商品ページ(Banggood.com)
Xiaomi Mi MIX 2S 6GB+64GB
Xiaomi Mi MIX 2S 6GB+128GB
Xiaomi Mi MIX 2S 8GB+256GB


Meizu E3中国発売!Snapdragon 636搭載・6GB RAM・5.99インチ縦長のハイミドルスペック機を3.5万円に!

  中国で有名なスマホメーカーMeizu(メイズ・魅族科技)が3月21日に子ブランド魅藍(公式英字名称はMBLU)の最新端末「Meizu E3」を発売した。
  Meizu E3は、5.99インチFHD+ディスプレイを採用して、CPUはSnapdragon 636 1.8GHz オクタコアを搭載、6GB RAM+64GB/128GBストーレジ容量、12MP+20MP高画素デュアルカメラ搭載のミドルハイスペックスマホです。


スペック



良かった

  • 洗練な外観

  Meizu MBLUから二番目の「ベぜルレス機」として、E3の外観は前代のM6sと同じくトレントな18:9デザインを採用、5.99インチの縦長FHD+ディスプレイで、グリップ感は一層快適になる。一体式金属筐体で、厚みはのみ7.6mm、手触り良い。
  側面に指紋認証センサーを配置したことによって電源ボタンがかなり上へ、ボリュームボタンが左側に配置されました。SONY XperiaやNextbit Robin、Razer Phoneの様な電源ボタン兼指紋認証センサーではなく、指紋認証センサーとして独立しております。


  • 超高コスパなスペック

  CPUはSnapdragon 636 1.8GHzオクタコアを搭載、GPUはAdreno 509で価格を考えればかなり高性能。メモリは珍しく6GB LPDDR4Xを配置され、ストレージは64GBと128GB二種のバージョンを用意された。


  • Cold mCharge 20W高速充電

  前代のM6sと違って、Meizu E3はより複雑またコスト高いのType-C規格USBを採用した。USB Type-C規格は表裏が同じになっていて挿入する時にわざわざ確認しなくていいので、より便利した。それに20W高速充電が対応するため、僅か30分で53%の電量が充電可能。


  • 驚きのカメラ機能

  Meizu E3が背面に備わるメインカメラは1200万画素+2000万画素のダブルレンズカメラ。メインレンズは大好評されたソニー製CMOS IMX362を採用、F値は1.9で暗いところにもきれいな写真を撮ることができます。「デュアルPD全画素ズームイン」技術とArcSoft増強と組み合わせ、ズームイン速度はわずか0.026sとなり、撮影体験は一層に上がるとなった。
  サプカメラはフラグシップレベルのソニーIMX350を採用、ポートレート撮影また2.5倍ズームにも手軽にできます。Flyme OSのポロ撮影機能を起動すれば、サプカメラを単独作動ができ、3872*5168 Pixl超高画素の撮影体験もワンタッチでできます。


イマイチ

  • NFCなし
  • 赤外線機能なし


ひとごと
  Meizu E3が中国に公式発売価格は1799元/1999元で、それに16日発売したXiaomi Redmi note 5の6GB/64GB最上位バージョンとは同じ容量となることを気になるかもしれない。価格と見れば、Meizu E3はXiaomi Redmi note 5より100元も高くて、スペックもかなり似てます。同じくSnapdragon 636搭載、5.99インチ縦長ディスプレイ、また6GB+64Gの組合せなら、どう見ってもRedmi note 5がもっとお買い得だと。。。


ちょっと待って!


  今すぐその100元の差はどこにあったのを判明してあげます。

  • 高速充電。Redmi note 5は高速充電機能が対応しますが、必要のアダプタは同梱しない。別売りだから、Xiaomiオンラインショップを経由して29.9元(約500円)を払って高速充電が可能になる。
  • 外観の違い。これは好きなものは人よりちがうだけど、Redmi note 5の3段式筐体より、Meizu E3一体式金属筐体が洗練だと思います。また厚みも考えれば、Redmi note 5は8.05mmでMeizu E3は7.6mm、手触りは間違いなく違います。それに、Meizuのシンボルのような側面指紋認証も気になる点の一つです。
  • カメラ機能。Meizu E3はよりパワフールなサプカメラを搭載。
  • Redmi note 5はType-C規格USBではない。

  そう考えれば、100元の差でもかなり納得しやすいでしょう。


まとめ
  Xiaomi Redmiの着目点と違って、Meizu MBLUはミドルスペックに狙ってなく、ミドルハイスペックのE3が発売した。価格とスペックのバンランスを取れた以上、より良い洗練で高完成度なデザインとなり、MBLUの「フラッグシップ」と評価してもいい端末と考えます。


購入法
  Meizu E3が今中国には予約販売中で、まだ公式出荷しなかった。海外通販サイトBanggoodにはすでには6GB+64GB版が$299.99、上位モデル6GB+128GB版が$329.99で予約ページができ、気に入るならさっそくチェックに行きましょう。

Teclast F7、Intel Celeron N3450搭載でアルミボディながら僅か1.23㎏の14.1インチの中華ノートPC

  有名な中華タブレットPCメーカーTeclastから、Intel Celeron N3450を搭載した14インチのノートPC「Teclast F7」が発売。
  同時期にリリースしたF6 ProがCore Mを搭載したことと違って、F7は構成的に価格と性能のバランスが取れたバジェットノート製品の一つです。Teclast F7はIntel Celeron N3450を搭載、JumperやCHUWIまたVOYOのそれとよく似た構成となったが、14.1インチノートでIPSディスプレイというのは一つ差別化になった。それに、洗練なメタルボディではわずか12.3kgの重量にも気になる点となった。


スペック

スペック一覧


良かった

  • 洗練なデザインとメタルボディ

  Teclast F7の外装は兄貴分のF6 Proと同じくフルアルミ合金製のシルバーシェルです。A面には余計なロゴなどのデザインはなく「no ID」デザインになっています。エッジ部分はダイヤモンドカットされスムーズできれいな仕上がりになっています。


  • 同価格段にとっては高質と言えるディスプレイ

  14.1インチのフルHD(1920*1080ドット)IPSディスプレイを搭載、視野角は問題なし、シャープで優れた表示を提供してくれます。バジェットノートながら高品質ディスプレイを採用することはかなり気に入りました。

同レベルにはかなり高質なディスプレイ


  • 日常には十分な性能

  Teclast F7のCPUはIntel Celeron N3450です。最近の安価なモバイルノートではよく採用されるCPUです。Core m3と比べるものではないが、価格とパフォーマンスのバランスが取れた製品という印象。一般的な日常使用なら十分だ。内蔵グラフィックスはHD Graphics 500で、軽いゲームなら大丈夫。メインメモリは6GB eMMCですが、M.2スロットが搭載で、2242サイズのSSDを増設可能。64GBのストレージが足りない場合に手軽い増設できます。

価格的な高性能


  • Windows 10 Home 64Bitを初期セットアップ

  Teclast F7のOSはWindows 10 Home 64Bitを初期セットアップしており、日本語を選択すれば日本語環境が利用可能です。仕事なら便利。


  • 接続性

  デュアルバンドWi-Fiで802.11 a/ac/b/g/nが利用可能、Bluetoothは4.2で特に問題なし。Micro HDMIスロットも設置しており、コンピューターやテレビに映すことも便利。


イマイチ

  • Type-Cではなし
  • キーボードはバックライトがなし


まとめ
  バジェットノートとして、価格的な高質ディスプレイを採用しており、14インチで1.23kgというサイズと重量は他の製品と比較してもかなり抜群だと感じました。イマイチもあったけど、ずいぶん検討する価値があるノートPCだと判断しています。


購入法
  チェックしてみだが、Teclastはアマゾンに公式ショップがあったけど、Teclast F7は販売していなかった。しかし、中華ECサイトを経由すれば買えます。現時点では、中華通販大手Banggoodには$319.99で、送料無料。気に入るなら、さっそくチェック!


――3.23更新
5%OFFクーポンコード: 015c7f



Helio X20搭載の10.1インチ高性能2in1タブレットが発売!僅か209.99ドルで買えるVOYO i8 Maxのスペックチェック!

  中国には有名なタブレットメーカーVOYOから初めて、デカコア(Deca core)のHelio X20を搭載している10.1インチタブレット『VOYO i8 Max』が発売されました。海外ECサイトBanggoodには独占販売で現時点$209のお手頃な価格で販売中、お買い得感が高くて、今日はそのスペックをご紹介したいということです。


VOYO i8 Max


スペック


特徴

  • 高性能なデカコア搭載、AnTuTu総合スコアには9万点越え

  前代のVOYO i8 Plusと比べて、外観と筐体はほぼ同じで、大きくの違いはSoCとRAM容量です。i8 Maxは、MediaTekのHelio X20(MTK6797)デカコアを搭載しているので、AnTuTuスコアにより9万点越え、タブレットとしてはかなり高い点数で、快適なゲームング表現とサクサクな動作が期待できます。
  メモリもi8 Plusの3GBから4GBへ増量され、ストレージは64GBで、マイクロSDカードも対応で、一般的な日常使用は楽々。


  • Surfaceとにってるキックスタンド、展示からお絵かきまでお気楽に

  前代のi8 Plusと同じく超大角度に開ける可能のキックスタンドが採用された。そのため、ノートPCモード・タブレットモードにはまたStudioモードができ、キックスタンドを低くすると、スタイラスなどのオプションのアクセサリを使って手書き文字入力や描画を行うのに最適な角度ができます。


  • 4G SIMカートに対応

  VOYO i8 Maxは高性能タブレットだけでなく、デュアルSIMカートスロットが設置しており、SIMカートさえあれば通話機能まで使えます。この機能のため、WLANが提供しない場所にも手軽に仕事を行います。


  • オリジナルキーボードとスタイラスをご用意しており、仕事は一層便利に

  VOYO i8 Maxは適用な専門キーボードとスタイラス(別売り)が用意しており、フルセットの組合せは、簡単な落書きにも、お絵かきにも、文書の注釈にも、PSでの編集にも最適です。キーボードは$21.99、スタイラスは$19.99程度で入手できるのでリーズナブルな価格です。


イマイチ
  ポートは一つだけで、それにも汎用性最高のType-Cではなく、マイクロUSBです。アクセサリを接続したいならドックやアダプターが必要。マウスも念のためBluetooth接続タイプをおすすめです。


まとめ
  VOYO i8 Maxのアピール点は間違いなく高性能と評価されるMediaTekのHelio X20(MTK6797)デカコアを搭載されることです。ただし、簡単な仕事と一般的なインタネットサービングのような軽い使用のためなら、実はHelio X20ほど高性能は必要ないとかんじるかも。
  でも、10.1インチフルHD大画面のタブレットでゲームをしたい方にとして、やはりHelio X20が強い。また、i8 Plusが180ドル程度で販売していることを考えると、僅か30ドルでCPUもアップグレードしてメモリも4GBへ増量されることでは、i8 Maxが圧倒的にお買い得です。


購入法
  海外通販サイトBanggoodではブランド限定セールで、209.99ドルで予約販売中。配送は3月22日から。数量限定で、予約数が500台を越えたら価格は$219.99になるため、欲しくならさっそく。

Xiaomi Redmi note 5中国版が3月16日発売予定!Snapdragon 636を搭載・6GB RAM・4000mAhバッテリー、カメラ機能が「サプライズ」!

  昨年年末にXiaomi が中国市場で「ベぜルレス」ミドルスペック機のRedmi 5とRedmi 5 Plusを発売以来、特に大きな動きはなった。3月1日に、新品のXiaomi Redmi note 5の発表が3月16日に中国で公式発表されます。

中国版Redmi Note 5


インド版と同名ですが違うもの


  今回中国で発売されるXiaomi Redmi note 5は、インドで既に発売中のRedmi Note 5 Proというモデルとなっており、またインドに発売中のRedmi Note 5は中国バージョンのRedmi 5 Plusのリネーム版で、Proを付けられて上位モデルとして販売されています。
この中国に発売予定のXiaomi Redmi note 5はインドのRedmi Note 5 Proとは同じもので、そのグローバルバージョンが年初のMWC 2018大会には「Best Of MWC 2018」に選んだこともあった。

インド版Redmi Note 5


スペック情報


  TENAAに登録された認証情報により、Redmi note 5はクラシックな三段式デザインで、色は青・黒・金・ロースゴールドの四色展開です。スペックには、Snapdragon 636 Octa-Coreプロセッサーが搭載されて、前代のSnapdragon 625よりも50%40%ほどパフォーマンスが向上しています。上位モデルは6GB RAMと64GBストレージを搭載、リークしたスペック表により価格が1499元で、まだ確実されなかった。公式発表した価格は1699元となり、市場の予想よりちょっと高くと思ったが、スペックと性能を考えればお買い得。ちなみに、3GB+32GB版は1099元で、4GB+64GB版は1399元となった。海外通販サイトを経由すれば、価格はまた多少に上がりと思う。


  カメラにはソニー製IMX486 12MPとサムスン製5MPデュアルカメラが搭載されます。それにXiaomiからの最初「AIスマートビューティ」機能を対応するスマホで、CEO雷軍により「使ってみった、カメラ機能は絶対にサプライズになれる」と高度評価した。



スペックチェック


まとめ

  リークした情報と違って、上位モデルの6GB/64GB版は予想より200元も高くなんて、ちょっとためらって決めかねるになったかも、4GB/64GB版と3GB/32GB版は間違いなく同レベルの端末には高い競争力が持っています。五万円以下のスマホとして、撮影機能をアピールしたのは、若い者または女性に狙っていることが明らかに。


購入法


  日本に公式発売の関連情報はまだないのだが、インド版の価格を参照するなら、中国で販売、価格はRAM4GB/64GBモデルが約2.4万円、RAM6GB/64GBモデルが約2.9万円となっています。
  海外通販サイトBanggoodには既に購入ページができて、現時点6GB/64GB版の価格は$289.99 $339.99です。それに3GB/32GB版は$229.99、4GB/64GB版は$279.99となりました。気に入るならさっそくチェックしてみましょう。